「だいじょうぶマイフレンド」
minayo 27歳|moemi 27歳
美奈代と萌美は高校の同級生。
故郷を離れ、東京の同じ会社で働いている。
サバサバした性格で頼りになる存在の美奈代と、
フワフワとどこか頼りない存在の萌美。
その萌美が男からの裏切りに遭い、復讐を美奈代は引き受ける。
こんな時のために10年前、同じ会社に就職したのだと明かす美奈代。
過去の、身に覚えがある出来事と、静かに共有されて来た秘密。
この復讐は、あの日の恩返し。二人の友情は、潔くて、苦しい。
「美奈代」役、「萌美」役、同時募集中|実年齢27歳前後の女性

 
 
 







 

役者が「ふたり芝居」に出演する醍醐味は、

  1. 濃密な演技を追求できる

ふたり芝居は、舞台上に立つのは役者2人だけという、極めてシンプルな構成である。そのため、俳優は台詞や動き、表情など、あらゆる要素を磨き上げて、観客を惹きつける演技を追求することができる。

  1. 共演者と深い信頼関係を築ける

ふたり芝居は、役者2人の息の合った演技が欠かせない。そのため、稽古や本番を通して、役者同士は自然と深い信頼関係を築くことになる。

  1. 観客とより近い距離で演技ができる

ふたり芝居は、舞台上の役者と観客の距離が近いため、観客は役者の感情や息遣いをダイレクトに感じることができる。そのため、役者は観客とより近い距離で演技をすることができ、より大きな感動を届けることができる。

具体的な例として、ある役者は「ふたり芝居は、役者として成長するために最適な舞台だと感じています。一人芝居では味わえない、共演者との息の合った演技や、観客との近い距離でのやりとりは、役者としてのスキルを磨くうえで大きな財産になります」と語っている。

また、別の役者は「ふたり芝居は、役者同士の信頼関係がなければ成立しません。稽古や本番を通して、共演者と深い信頼関係を築けたことは、かけがえのない経験です」と語っています。

このように、ふたり芝居は役者にとって、演技のスキルアップや共演者との関係構築、観客とのコミュニケーションなど、さまざまなメリットをもたらす舞台であると言えるでしょう。



: